外資系会社とはどんなところ?

外資系会社とはどんなところ?

「外資系」という言葉を耳にしたことのある方は多いと思いますが、その意味を明確に答えられる方は意外に少ないのではないでしょうか。

「基本的すぎる単語だから、今さら聞けない…」という方のために、外資系とは一体何なのか、外資系企業とはどんな組織なのか、日系企業との違いは?などの基本情報をご紹介していきます。

こちらからSPイングリッシュ公式HPへ

外資系企業とは?

現在の解釈でいうと「海外の株主(投資家)などの言動が影響しやすい企業」が外資系という認識をされていることが多いです。

外資系企業の定義は外国の法人、あるいは外国人が一定程度以上の出資をする日本の企業と定まっています。

しかしこれだけだとイメージが付きにくいと思います。そこで外資系企業の具体的な例を3つご紹介します。

外国の企業が日本で会社を設立した場合

一般的にこのパターンが一番「外資系企業」と呼ばれているのではないでしょうか。

社名が外国語であることから確実に外資系企業とわかるケースが多く、しかも海外に進出するほど資本が安定しているわけですから、日本に進出する前に知られていることもほとんどです。

Amazonやグーグルがわかりやすいですね。

外国の企業が日本で会社を設立した場合

外国の企業が日本の企業と共同出資で会社を設立する場合も一定数存在します。

その場合出資率が日本企業に比べて外国企業が多い場合外資系と呼ばれることが多いです。出資の程度については定めがないため、このあたりは曖昧ですね。

外国の企業が日本で会社を買収した場合

3つ目は外国の企業が日本の企業を買収した場合です。経営しているのは外国の企業でそこに買収されるわけですから、買収された瞬間に外資系企業となるパターンです。

最近日本の製造業が海外に買収されるケースが多くなってきているため、イメージを持っている方も多いかもしれませんね。

最近だとシャープであったり、東芝の家電部門とかそういうところが多いです。

外資系で働くということ

「外資系企業」という言葉の説明からその定義、代表的な外資系企業や日系企業との違いなど、知っておきたいさまざまなことをご紹介しました。

これらの知識を身につけておけば、外資系ならではの文化を理解し多様性を受け入れながら、自身も変わっていくことができるはずです。

大切なのは、今どうかだけでなく環境によっては自分がどのように変化・成長していけるかを見極めながら進んでいくことです。

それら考えを身につければ今はデメリットに思えるようなポイントも、きっと働きやすいと感じるポイントに変わっていくはずです。ぜひ参考にしてみてください。

こちらからSPイングリッシュ公式HPへ
TOPページを見る